トップ 一覧 検索 ヘルプ RSS ログイン

TamTerm2の変更点

  • 追加された行はこのように表示されます。
  • 削除された行はこのように表示されます。
!!!TamTerm2

やっとこさ一個の JavaVM 上で複数の標準入出力が扱える API が
プロトタイプに載りました。そのため、ようやく TamTerm2 構想が
動き始めました。

#TamTerm の成果を使っていますが、 TamTerm と TamTerm2 は
#別物扱いでリリースしていきます。

手始めに TamTerm2 から呼び出される TamShell を作り始めています。
Java での CUI 環境構築に興味のある方は是非とも使ってください。

プロトタイプ第3版(08/05/07):
!プロトタイプ第3版(08/05/07):
{{ref TamTerm2.jar}}
{{ref TamShell.jar}}

使い方:上記の TamTerm2.jar と TamShell.jar を
同じディレクトリに保存し、
 % java -jar TamTerm2.jar
として下さい。 TamShell が自動で立ち上がります。
#Java6.0 以降では動かないという報告がありました。
#試用する方は Java 5.0 以前の環境が必要です。

Java6.0 で動作可能にする改修を進めています。
動作確認後、ここにアップします。

//{{attach}}